導入までの流れ

FLOW

  • 1

    御社の情報をお問い合わせよりお送りください。

    まず御社の現在の情報をお伺いするために、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    従業員数(使われる方の人数)や現在の電話環境の状況など、分かる範囲で結構ですので併せてご記載ください。

  • 2

    当社営業から折り返しご連絡させていただきます。

    お問い合わせ頂いた内容に対しての当社営業から折り返しご連絡させていただきます。

    その際にお電話やお打ち合わせで、詳細なヒアリングをさせていただき、お見積りを作成させて頂きます。

  • 3

    導入作業へ

    お見積りに納得頂けましたら導入作業へ移ります。

    ご注文後に導入作業をさせて頂きます。場合によっては導入前に事前に現地調査をさせて頂くことがございます。
    最短5営業日にて導入可能です。※ 導入内容により変動する可能性があります。

  • 4

    導入完了になります。

    これにて導入完了になります。引き続きINNOVERAをお楽しみください。

Q & A

よくある質問

なぜ電話線が要らないのですか?

インターネット環境を利用した電話だからです。

キャリア回線網につながっているスマホやご利用のネット回線につながっているPCなどで利用可能です。
また、固定電話機はPCなどと同様、LANケーブルで接続するため、電話専用の配線を敷く必要がありません。

本当にスマホ、PCで使えますか?

はい、固定電話の番号で受けるのもかけるのも可能です。
インターネット環境下にあるスマホ、PCをご準備ください。
スマホはiOS,android対応です。

今の電話番号はそのまま使えますか?

はい、使えます。
弊社が提供するクラウド回線の「IP-Line」にナンバーポータビリティしていただくか、もしくはVoIP(ボイプ)ゲートウェイと言われる専用機器を設置することにより利用可能です。

現在お使いの回線の種別や地域によって方法が異なり、場合によっては使えないこともございます。
詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

今の固定電話機はそのまま使えますか?

いいえ、使えなくなります。
据え置きの固定電話はIP電話となり、世界シェアNo.1の「Yealink」でのご提案になります。
価格を抑えたモデルもございますので、詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

一般の電話転送サービスとは何が違うのですか?

仕組みが違います。
一般にキャリアより提供されている電話転送サービスは、かかってきた電話を一旦受けて、もう一度、転送先に対し「かけなおしている」ものです。

一方でINNOVERAは、それぞれが持つ電話に「直接」着信しています。

この仕組みの違いは、通話料負担、通知される発信者番号という点で大きく差が出ます。
電話転送サービスはかけなおしているため、元々かけてきた人だけでなく、転送サービスを利用した人、つまり着信側にも通話料負担が必要になります。
また転送先に通知される番号は、転送前の着信側の番号になります。

しかし、INNOVERAはこういったことが一切発生しませんので大変リーズナブルです。